新馬戦総括。注目馬は・・・


関谷記念はレッドスパーダが先行から抜け出して勝利。

7歳馬ですがあまりレースに使っていないですしじわじわと力をつけてきた印象。

期待したドナウブルーは昨年と比べると納得のいかない内容。少し衰えが見え始めているのか、状態が本物ではないのか・・・。

ジャスタウェイが人気で差し切れないと予想していただけに残念でした。


さて、本日はここまで行われた新馬戦について。

ディープインパクト産駒は26頭デビューして6勝。

牝馬ではエルノルテに注目。デビュー戦のレベルは高くて、2着以下の馬も軒並み好走しています。

また、粗削りなレースながら少し本気を出しただけで1着になったハープスター

素質は相当高い可能性もありますが次走が試金石でしょう。


一方、牡馬は今のところ注目できそうな馬はいないとみています。

サトノアラジン・サトノフェラーリ・リターンラルクともにメンバーレベルがイマイチ。

好メンバーで好走したフェルメッツァは兄フラガラッハと同じく中京巧者の可能性が高く次走人気しそうなら慎重に扱いたい。


負けた組では、牡馬はローハイド牝馬はキミノナハセンターに注目。

2頭ともに完成度が低く、馬場が合わなかった印象。次走以降オッズ次第では勝負したい。


これから大物が出てくるのかどうか楽しみですね。


明日はロゴタイプが出走を予定している札幌記念の見解をお届けする予定です。

今現在で注目はブログランキング紹介文に公開中。この馬の実力は本物だと考えています。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ