押し出された1番人気を狙ってはいけない


先週、2013年7月21日の中京12Rで、

まさに「押し出された1番人気」という好例がありました。
 

リーゼントブルースです。
 

リーゼントブルースは決して弱い馬ではありませんが、

”1着2回・2着5回・3着2回”と典型的な勝負弱い馬。
 

「武豊騎手なら何とかしてくれる!」


という妄想もあって1番人気に押しだされたのでしょう。


こういう馬は単勝で絶対に狙ってはいけません。


このレースは6番人気のハギノサキガチが勝利し、3番人気のグレートチャールズがハナ差で2着に敗れました。


グレートチャールズの単勝馬券を勝っていた人は、

「運が悪かったな~」

と思っていることでしょう。


しかし、グレートチャールズは負けるべくして負けています。


グレートチャールズは、”1着1回・2着6回・3着3回”と、これまた勝負弱い馬。

0.1秒差内の接戦が過去4回ありましたが、4回とも負けています。

つまり、接戦に弱く、負けるべくして負けている馬なのです。


こういう馬も単勝を買ってはいけません。


一方、勝ったハギノサキガチは、

2着0回で今までの1勝は0.5秒差の大勝。

ハマった時に強いタイプで単勝を買えるのはこういうタイプです。


リーゼントブルースやグレートチャールズは複勝軸として信頼できる馬に過ぎません。

単勝馬券を攻略するにはこういった事を徹底する必要があります。

参考にしてください。
 


ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!


競馬ブログランキングへ

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ