2014年桜花賞の◎○予定馬を発表!

 

3歳牝馬路線は勢力図がハッキリとしており極力買い目を削減して勝負できるレース。


中心はやはり阪神ジュベナイルフィリーズ組。

2着ハープスターがチューリップ賞を圧勝。3着フォーエバーモアもクイーンカップを余裕十分で勝利とこの世代ではトップクラスであることを証明している。

後は朝日杯に果敢にチャレンジし前走は快勝したベルカント、未知数のアネモネステークス組との力関係を見極めていかなければならない。


現時点での◎○候補馬は以下。


◎ハープスター
阪神ジュベナイルフィリーズでは惜しくも2着に敗れてしまったが冬毛が伸びておりお世辞にも良い状態ではないなが直線半ばでも遊びながら走っていてのハナ差2着は今後の伸び代を感じさせるレースぶり。チューリップ賞はメンバーレベル低かったとは言え、大分真面目に走るようになってきているし、何よりも今回は状態面でも大幅に上積みがある。ここは負けられない。

人気ブログランキングへ
昨年挙げた3勝はいずれも異なる展開での勝ち方で圧倒的なセンスと実力が備わっている証拠。ローテーション云々で不安材料が挙げられているがむしろプラスなはずでハープスターの次ならこの馬が強い。


今年の桜花賞は基本的にはこの2頭から勝負する形で問題ないでしょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ