札幌記念はノーカウントレース


先週の札幌記念は注目していたトウケイヘイローが圧勝。

武豊を背にこの圧勝劇はサイレンススズカを彷彿とさせますね。

これで秋競馬が一層盛り上がるのではないでしょうか。


ロゴタイプ(兄)はやはりデムーロ騎手が合っている印象。

ガッチリと手綱を抑えて、4コーナーで一気に駆け上がっていく競馬がこの馬には合う。


そんな札幌記念でしたが、あの馬場ではさすがにノーカウントレース。


馬場に脚を取られずにしっかりと伸びたのはアスカクリチャンぐらい。

この辺りは父スターリングローズの血がなせる業。

次走過剰人気するようなら危険な馬。


その他、重馬場で優勝歴もあったルルーシュでさえ、道中からバラバラのフットワーク。


トウケイヘイローが強かったのもありますが、誰も差して来なかったというのも事実。


今回のレースで過剰に人気を高めるような馬は危険で、逆に過剰に人気を落とすような馬がいれば注目できるので、こういうノーカウントレースはチェックしておいて損はありません。

次走以降ご活用ください。


 

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!


競馬ブログランキングへ

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ