2013年有馬記念 出走馬診断 ~前半~


さあ、いよいよ有馬記念が始まります。

出走を予定している全馬の一言コメントを紹介したいと思います。


まずは前半戦!

 

◎オルフェーヴル

中山コースはどちらかというと合わないと思うが絶対能力がここでは上。今年はメンバーも揃わずこの相手なら当然有力候補。


☆ラブリーデイ

今年の穴馬ならこの馬。まだ3歳馬だがレース毎に成長。55kgの恩恵もあれば上位に食い込めそう。騎手も有馬記念得意で今年のメンバーなら食い込む余地はあるだろう。


カレンミロティック

前走は強い競馬。ただ、距離延長がどうか。前走以上の競馬も難しそうで評価を下げる。


△ヴェルデグリーン

2走前はハマった。G1になるとパンチ不足の感じは否めないが中山得意で今年のメンバーならチャンスあっても。


ルルーシュ

中山では人気を裏切ること多数。今回のメンバーであれば後一歩で足りそうだがコース適正の差で評価を下げたい。


トーセンジョーダン

前走で復活。しかし、その前走はさほどレベル高くなかく完全復活とは言えない。中山2500mへの適性もどうか。


トゥザグローリー

復活しそうでしない競馬続いている。G2・G3レベルなら頑張れてもG1では厳しいか。


人気ブログランキングへ

相手なりの馬。勝つまでは難しいが力的には3着は目指せる。乗り方ひとつ。そろそろ順番が回ってきてもおかしくない。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ