2013年朝日杯回顧&有馬記念の危険馬公開!

 

さて、朝日フューチュリティステークスの回顧を行っていきたいと思います。

戦前に考えていた通り、やはりレースレベルには疑問の残る結果になりました。


1着のアジアエクスプレスはレベルの低いメンバーでジョッキーのアシストがあったとはいえ初芝でG1を勝つあたり潜在能力はありそう。

但し、ペースが一気に上がるような芝特有の競馬になった時にまだまだ不安材料は多い。

基本的にはダートの方が良さそう。


2着のショウナンアチーヴは川田が本命にした馬でもあるが期待通りの成長を見せて人気薄ながら好走。

サンデーサイレンスの血が入っていると使う度に成長を見せるのはさすが。色々な競馬に対応できているので今後も楽しみな1頭。


3着のウインフルブルームは心配されたクセも見せることなかったが少し中途半端な競馬。

距離伸びてまた前身はありそう。


4着のマイネルディアベルはデムーロ騎手がロスなく運び好騎乗。

これ以上の上積みは難しいが血統的にも人気になりにくいタイプなのでメンバーレベル次第では今後も穴馬として貴重な存在になりそう。


5着のアトムは前が詰まったということが敗因に挙げられているが、正直なところ、それは敗因にならない。

内々で脚がたまっていたのも事実だし、本当に強い馬なら抜け出すことは可能なレベル。ジリジリとした伸び脚しか見せずにマイネルディアベルをかわせなかったのは不満。

また、前が詰まりやすい馬にはその馬自身に原因があることが多く、また詰まる可能性も大。

不利があったから負けたという言い訳で次走以降人気になるようであれば危険な人気馬といえそう。


いずれにしろ今回はレベル的にも疑問が残るので、

今回の好走をそのまま鵜呑みにはできないので注意深く見ていきたい。

 

さて、今日は有馬記念の危険馬を紹介したいと思います。


その危険馬は⇒人気ブログランキングへ


オルフェーヴルを負かせる可能性がある馬として2~3番人気ぐらいになりそうだが好走するには注文がつきすぎるタイプ。

さらに調教でも13秒を切る脚を一杯で追われながらも使えておらず迫力も不足。

変に過剰人気しそうな匂いもあり期待値低い。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ