2014年エルフィンステークスの爆穴推奨馬

 

今週の出走馬が確定しました。


バンドワゴンとトーセンスターダムを嫌ってかきさらぎ賞は続々とメンバーが回避。

トーセンスターダムにはまだ半信半疑だっただけに少頭数になってしまったのは妙味が下がるので残念。


また、ブログでも度々取り上げてきたベストウォーリアが土曜日のすばるステークスに出走が確定。

重賞での穴馬として期待していたもののオープンなら上位人気になりそうでこれまた妙味がなくなってしまった。


そんな中、面白そうなのが土曜日の京都10Rエルフィンステークス。


荒れやすい3歳牝馬のオープン戦ということで攻略のし甲斐がありそう。
 

erufin

 

過去のデータを見ると前走10着以下もしくはオープンクラス出走馬の成績が優秀。

今年のメンバーからは前走10着以下の馬はいないが要は勝って人気を上げている馬よりも負けて人気を下げている馬が狙い目ということ。


1番人気が予想されるのは良血馬で新馬を快勝したチョコレートバイン。

大逃げをしていた馬を抜群のキレ味で差し切り見た目にもインパクトがあったが新馬戦のレベルは疑問。


というのも2着以下の馬は次走で軒並み着順を下げている。

・2着ベストゴール 1人気18着
・3着ビブラビブレ 3人気5着
・4着ナイトジャスミン 未出走
・5着メイショウソフィア 7人気13着

人気になるのであれば嫌いたいところ。


それならば同じ人気馬でもマラムデールを信頼したい。

血統的にはこちらもかなりの良血。前走オープンクラスはデータ的にもプラスだし極荒れ馬場だった函館の一戦を除けばすべて2着以内と安定感もある。


ただ、それよりも期待したいのが ⇒ 人気ブログランキングへ

人気はまったくなさそうだが京都コースでの末脚はピカイチ。

2走前は坂のある中京コースでパフォーマンスを落としたが京都コースに戻った前走は上がり33.5秒の鋭い脚を披露。

血統的に人気になりにくそうなタイプで逆に狙い目。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ