2014年フェブラリーステークス軸推奨馬と危険な人気馬

 

今週はいよいよフェブラリーステークスです。

3連勝でジャパンカップダートを勝利したベルシャザールと昨年は地方G1を4勝ですべて3着以内と抜群の安定感を見せたホッコータルマエに8歳馬ながらホッコータルマエやベルシャザールと接戦の経過を繰り広げているワンターアキュートに4歳馬ベストウォーリアと2012年ジャパンカップダート馬のニホンピロアワーズが立ちはだかるという構図。


この中で軸として最も信頼できそうなのはホッコータルマエ。

昨年の敗戦はいずれも楽逃げをさせたり、ソラを使ったりと騎乗次第で勝てたもの。

それでも馬券圏内を外さないあたりは自力の高さの証し。

騎手がうまく乗りこなせない可能性もゼロではないが3着以内の軸馬としては信頼できそう。


一方で少し危険かもと感じているのが人気ブログランキングへ

ここまで好走を続けているのは確かだがそのレース内容は実はそれほど強さを証明できているものではない。

相手関係が楽だったり、斤量が軽かったり、騎手の巧さだったりと助けられているのも事実。

相当人気しそうだがそこまでの信頼感はどうか。

このあたりが上げ下げが今年のフェブラリーステークスの鍵をにぎりそうですね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ