2014年チューリップ賞の単撃予想

tulip


ハープスターが圧倒的な人気を集めているレース。

ここまで人気になっていれば粗を探したいものだが本命は素直にハープスター。

この世代は阪神JF組が強い。その阪神JFではハナ差2着に敗れたが、あの余裕残しの馬体でG1で好走できること自体が能力が高い証拠。

今回は桜花賞に駒を進めても勝負にならなさそうな馬が多く、ここでは従わざるを得ない。


但し、対抗以下は混戦。

エルフィンステークスやフェアリーステークスは低レベルであったし、人気薄の馬にもチャンスはありそう。


特に注目したいのが前走1~2着馬と前走上がり3F1~5位の馬。

過去10年でほぼこの2つのいずれかに該当する馬が馬券に絡んでおり回収率も高い。


そこで大穴の対抗馬はこの馬 ⇒ 人気ブログランキングへ


ダートしか走っておらずまったく人気はないがここ2戦のパフォーマンスは高い。

芝部分の走りも悪くなく、牡馬相手に強いレースをしているので適性を抜けばこのメンバーで能力上位。

産駒は芝でも走っているし、前走1~2着・上がり3F1~5位の両方に該当するし注目したい。


後は前走レベル高かったミュゼリトルガール、推しデータ該当馬ブランネージュにも注目。

レベルの低かったエルフィンステークス、フェアリーステークス組は過剰人気しそうなので押えにとどめたい。

 

◎▲ハープスター
人気ブログランキングへ
☆ミュゼリトルガール
☆ブランネージュ
×シャイニーガール
×レッドオーラム
×プリモンディアル
×リラヴァティ
×ヌーヴォレコルト

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ