2014年弥生賞の単撃予想

yayoi


昨年は単勝100倍超えのミヤジタイガが2着に入り波乱となったが、基本的には人気馬で決まるレース。

トゥザワールドが人気を背負っているがこれまでの戦ってきた相手、ラップを見ると過剰人気気味。


本命はエイシンエルヴィン。

外国産馬で人気がないのかもしれないが、Shamaradal産駒は中距離得意で荒れ馬場も大歓迎。

前走はこの世代で明らかに力上位のバンドワゴン・トーセンスターダムと0.2秒差。

叩き2走目での上昇度を考えればこのメンバーでは最有力で人気がないのが不思議なぐらい。

推しデータ2つにも該当するし大注目。


対抗はトゥザワールド。

血統的な成長力が見込めることと、今の馬場が合いそうなので妙味ないとはいえ対抗。


適正マッチしているキングズオブザサン、しぶとくてパワーあるアズマシャトル、差し脚はNo1のワンアンドオンリーと続く。


だが、最大の惑星で期待したいのが ⇒ 人気ブログランキングへ


まったく人気はないが、ここ2走は厳しい展開の中、よく頑張っている方。

前走の京成杯でも着差的には今回人気のアデイインザライフやキングズオブザサンと変わらないぐらいだし、むしろ展開を考えればこの馬が上。

大穴で注目したい。

 

◎▲エイシンエルヴィン
○△トゥザワールド
人気ブログランキングへ
×キングズオブザサン
×アズマシャトル
×ワンアンドオンリー

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ